越前刃物の名品、職人が1本1本丁寧に磨き上げた 鎚目ダマスカス 三徳包丁です。

CY208 丹巌龍 槌目ダマスカス 三徳 17cm 



CY208 丹巌龍 槌目ダマスカス 三徳 17cm 

芯材 VG10号 ステンレス鋼 / 刃渡り 17cm(全長30cm)/ 重さ 180gr / ハンドル:マイカルタ柄

定価 19,440円(税込) 14,800円(税込)




越前の職人が大変美しく仕上げた、見た目のインパクトも充分な33層ダマスカス鋼の三徳包丁です。 柄にはマイカルタを使用。 適度な重みがあり、手に取ると一流の品質を実感頂けます。

三徳とは・・・肉、魚、野菜のどれにも使える事を意味し、万能包丁、文化包丁とも呼ばれ日本の家庭で最も一般的な包丁です。

ブレードは・・・33層のダマスカス鋼の中心には国内最高峰のステンレス鋼VG10号を使用。切れ味抜群で錆にも強く出来ています。

この部分は鍔(ツバ)と呼ばれブレートと柄の間に水を入りにくくしたり、柄の劣化を防ぐ等の効果があります。鍔のない包丁もありますが断然鍔ありのほうがお薦め。質の高い包丁にはほぼ鍔が付いています。


柄/ハンドル・・・材質の”マイカルタ”とは、樹脂と麻綿布に高圧をかけて作ったもので、耐熱・耐水性に優れ、気温や湿度による収縮、膨張がない、また木に近い風合いも備えた、包丁やナイフに使われる高級素材です。












包丁のお手入れ


  • お手入れ・・・ご使用後は台所洗剤で洗い、布などで水分をふき取って下さい。ただ、錆に強い鋼で出来ていますので簡単に錆びることはありません。

  • 使用上のご注意・・・食洗機は包丁の劣化の原因となりますので、永くご愛用頂く為にも手で洗うのがお薦めです。また冷凍品、骨などは刃が欠ける場合がございますので切らないで下さい。

  • 包丁の研ぎ・・・どんな包丁でも使うほどに切れ味が鈍り、また細かい刃こぼれも出来てきます。 切れ味を保つためにも定期的に研ぐ事をお薦めします。