ペティナイフ・パーリングナイフとは|その選び方とお勧めをご紹介



ペティナイフとは小さな包丁の意味。刃渡り15cm以下。刃幅が狭く先が尖っていて、ちょうど牛刀をそのまま小さくしたような形をしています。

またペティナイフよりも小さな、刃渡り10cm以下のパーリングナイフ(ペアリングナイフとも呼びます)もあり、こちらもペティナイフの一種と言えます。

一言でペティナイフといっても様々な材質がありますし、サイズも違います。どのペティナイフを選べば良いのか? それは使用目的を考えれば分かりやすいかと思います。まずはペティナイフのメリットとデメリットをあげ、次に選び方をご案内していきたいと思います。

  1. ペティナイフのメリット
  2. ペティナイフのデメリット
  3. お薦めの材質
  4. 普段使いできる15cmのペティ
  5. 果物、小さな野菜など専門なら14cm以下
  6. 手で持って皮を抜いたり、細かな作業に特化したパーリング


ペティナイフのメリット


ペティナイフ最大のメリットは小回りが利くこと。 小さな野菜やフルーツのカット、皮むき、飾り切りなど適していますし、小さなまな板上、狭いスペースでも使い易いです。そしてパーリングナイフはさらに細かな作業に特化しています。

ペティナイフ/パーリングナイフは料理人の必需品。三徳または牛刀の次に揃えておきたい包丁です。


ペティナイフのデメリット


大きな食材には使いにくいという事です。 刃渡りが15cmくらいあるペティナイフでしたら三徳や牛刀の代用として普段の料理に使うこともできますが、それでもキャベツや白菜などの大きな食材を切るには無理があります。

やはりしっかり料理をしようと思えば、まず三徳か牛刀を揃え、その上でペティナイフを買うという事になるでしょう。


お薦めの材質


これはもうステンレスで良いのではないでしょうか。三徳や牛刀であれば、錆びにくいステンレスか、切れ味のハガネにするかで迷う事もあるでしょうが、ペティナイフの場合は必要な時に取り出して手軽にささっと使えるのが良さ。 錆びにくく手間がかからないものが良いのではないでしょうか。実際、ペティナイフはほとんどの方がステンレス製をご購入されていかれます。

どうしても切れ味に拘りたい食材を切る時は三徳や牛刀を使えば良いですし、ペティナイフでもV金10号やスウェーデン鋼などの材質のものを選べがハガネ並みに切れます。やはりペティナイフはステンレス製がお勧めです。

以下、ステンレス製のペティナイフとパーリングナイフをサイズ別にご紹介します。
鋼材のグレード(切れ味)は、上からV金10号ダマスカス鋼、スウェーデン鋼、モリブデン鋼という順番になります。

普段使いできる15cmのペティ


メインの包丁として使うなら刃渡り15cmのペティがお勧め。キャベツや肉の塊など大きな食材を切るには苦労しますが、簡単な料理でしたらペティ1本で済ますこともできます。小回りが利く分、三徳や牛刀より使いやすいと感じられることもあるでしょう。

|源虎徹 スウェーデン鋼 ペティナイフ 150mm



|グローバル モリブデン鋼 ペティナイフ 150mm




果物、小さな野菜など専門なら14cm以下


果物や小さな野菜などに専門的に使うなら14cm以下のサイズでも大丈夫、このサイズが使い易いでしょう。しかし15cmのペティで果物、小さな野菜を切っても問題ないですし、あとはお好みでお選びください。

|ミソノ モリブデン鋼 ペティナイフ 120mm



|禅鳳作 V金10号ダマスカス鋼 ペティナイフ 140mm



|ヴォストフ ドイツ製の為鋼材名不明 ペティナイフ 120mm



|グレステン 鋼材不明 ペティナイフ 140mm




手で食材を持って皮を抜いたり、細かな作業に特化したパーリング


刃渡りが8cm〜9cmになると、オレンジやリンゴを半分にカットする時など少し長さが足りません。果物ナイフとしては向きません。しかしその分、食材を手にもって皮をむく、フルーツの飾り切り、細工切りなどの繊細な作業はやりやすくなります。こういった細かな作業に特化した包丁です。

|ツヴィリング ボブ・クレーマー ドイツ製の為鋼材名不明 パーリングナイフ 100mm



|禅鳳作 V金10号ダマスカス鋼 パーリングナイフ 80mmm



|関兼次彩雲 V金10号ダマスカス鋼 パーリングナイフ 90mm



|ツヴィリング ボブ・クレーマー SG2スーパーダマスカス鋼 パーリングナイフ 100mm